【集客の必須事項】価値を高める『セルフブランディング』とは何か?

あなた
セルフブランディングという言葉を見かけたんだけど、いまいち意味がわからないな。。。
どんな時に必要で、そんなことする意味あるのかな?
ただのブロガーだから気にしなくてもいいよね!
さだけー
いいえ、今の時代において、セルフブランディングは情報発信をしている人全員が知っておかなければいけないことです。

ブログであろうと、Twitterであろうと、仲間を集め、さらには集客するにはセルフブランディングは欠かせません。

セルフブランディングの知識がないことで、全く集客できていない人がほとんどです。

ブログにしても、なんにしても、情報発信を経由して稼ぎたい人ならば必須の知識です。

セルフブランディングをあなたの発信に取り入れることで、あなたの発信に耳を傾けてもらえるようになります。

今回はそんなセルフブランディングとは何かなぜ必要であるのかについて、お話します。

具体的なセルフブランディングの方法については、「やり方を間違えると痛いだけ!正しいセルフブランディングの方法を学んで自分の価値を高めよう!」をご覧ください。

セルフブランディングってなんだ?

まずセルフブランディングは「セルフ=自分を」「ブランディング=ブランド化する」というように分解できます。
ただ「ブランド化する」ということを正しく理解している人は多くありません。
先に「ブランド化する」とは何かについて正しく理解していきましょう。

ブランディング(=ブランド化する)ってなんだ?

実は、この言葉を誤解している人は多いです。
「自分を高級ブランド品のように、立派なモノに見せることかな?」なんて誤解している人が多いです。
これは「ブランド」という言葉から、「ルイ・ヴィトン」や「シャネル」あたりのデパートに並ぶ高級品をイメージしているせいでしょう。

この章で、ブランディング(=ブランド化する)とは何か、正しく理解していきましょう。

ブランディングとは、世の中の人に、商品や会社に対する共通のイメージを持たせることです。
商品や会社に対して、共通のイメージを持たせる理由は、簡単です。
それは、商品や会社の価値を高めるためです。

つまり、ブランディングとは、商品の価値を高めるために、お客様に共通のイメージを持たせる戦略ということになります。

これが、どういうことか具体的な事例を見ていきましょう。

全く同じ色、形、素材の2つのお財布が売られていたとします。
1つの財布は、ルイ・ヴィトンの財布です。
もう1つの財布は、無名の職人が作った財布です。
全く同じように見える財布です。

しかし、この時に、大金を払ってでも買いたいと思う人が多い財布は、ルイ・ヴィトンの財布です。

この理由は、ルイ・ヴィトンという会社が、「ルイ・ヴィトンの財布は、高級で、素敵で、上品である」という共通のイメージを、お客様に持たせることに成功しているからです。

この共通イメージがあるために、問答無用で、ルイ・ヴィトンの財布を購入する人がたくさんいるわけです。

つまり、ルイ・ヴィトンは、商品が持っている本来の価値以上の価値を持たせることに成功しているわけです。
だから、全く同じように見える2つの財布があったときに、ルイ・ヴィトンの財布の方が選ばれるわけです。

ブランディング(=ブランド化する)の目的って?

実は、ブランディングすることの目的は、「他の選択肢をよせつけない最上の存在になる」ということです。

これがどういうことか、再びルイ・ヴィトンを例に見ていきましょう。

あなたはお嫁さんにプレゼントをせがまれています。
お財布が欲しいそうです。
シンプルなデザインの本革の財布で、全体が茶色の長財布が良いそうです。
カード類が10枚入るポケットがついていて欲しいそうです。

あなたはネットで評判もよく、手作りの財布で、この条件を全て満たす財布を見つけました。
職人の手作りなのに、4万円です。

あなた
 これすごくいいと思う!口コミもすごく良いよ。これでどうかな?
  えー嫌だ。ヴィトンのお財布が良いの!
あなた
 なんで?
 ヴィトンだから!
お嫁さんに提案してみたものの、こんな反応をされてしまいました。

これが「他の選択肢をよせつけない最上の存在」ということです。
彼女にとって「ヴィトン」は「他の選択肢をよせつけない最上の存在」なんです。

だから、好条件の選択肢がたくさんあっても、「ヴィトンだから!」欲しいと思うのです。
他にも条件を満たす商品はたくさんあります。
そんな他の選択肢なんて関係ないわけです。

改めてセルフブランディングとは何かを整理

ここまで、ブランディングとは何かを見てきました。

ブランディングとは、商品の価値を高めるために、お客様に共通のイメージを持たせる戦略のことでした。
そして、価値を高める目的は「他の選択肢をよせつけない最上の存在になる」ということでした。

冒頭でお伝えしたように、セルフブランディングとは、こうしたブランディングを、自分自身に対して行うことです。

つまり、セルフブランディングとは、自分自身を商品に見立てて、
自分の価値を高めるために、お客様に共通のイメージを持たせる戦略ということになります。
そして、自分自身を「他の選択肢をよせつけない最上の存在」にする戦略ということです。

あなたにセルフブランディングが必要な理由

「なぜ、こうしたセルフブランディングが必要なのだろうか」
と、疑問に思った方もいると思います。

この理由は、ブログやTwitterを筆頭として、SNSでだれでも情報発信ができるようになったからなんですよ。

今の時代は、数えきれない人が、情報発信を行っています。
何十万人もがブログを運営していますよね。
そして、ホントに日本人全員がTwitterをやっているんじゃないか?と感じるほどですよね?

この状況では、差別化するってことがすごく難しいんですよ。

これだけ多くの人が、情報発信をしているということは、多くの人があなたと同じジャンルやテーマで情報発信をしています。
そうした多くの人の中で、あなた独自のようなジャンルやテーマを見つけ、他の大多数と自分を差別化することは難しいんです。

そこで、必要になることは、あなたのファンをつくることなんです。

あなたのファンは、あなたの意見に耳を傾けてくれます。
あなたのファンは、誰かが言った「AはBだよね」よりも、あなたが言った「AはBだよね」に耳を傾てくれます。
あなたを尊重してくれます。
これがファンというものです。

ファンからすると、あなたと同じことを誰かが言っていたとしても関係ないんです。
なぜなら、ファンにとってあなたは「他の選択肢をよせつけない最上の存在」だからです。

これが、今の時代にセルフブランディングが必要となっている理由です。

まとめ

今回は、セルフブランディングとは何かについて説明しました。ブログやTwitterなどで情報発信をするならば、今の時代では欠かせない知識ということがわかりましたね。

今回のポイント

〇ブランディングとは、商品の価値を高めるために、お客様に共通のイメージを持たせる戦略のこと

〇価値を高めることで「他の選択肢をよせつけない最上の存在になる」ことを目指した戦略である

〇セルフブランディングとは、自分自身を商品に見立てて、ブランディングすることである

〇現代においては、ブロガーなどが多数おり、他者との差別化が難しい状況である

〇差別化が難しい状況では「他の選択肢をよせつけない最上の存在になる」ためのセルフブランディングが欠かせない

あなたもセルフブランディングを取り入れて、あなたの発信に耳を傾けてもらおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です