自分なんかには情報発信はできないと自信を喪失しているあなたへ

さだけー
ブログをはじめたり、何か情報発信をしてみたいけど、自分に書けることなんてないよ。
と思ったことはありませんか?

全くそんなことはないです。
誰にでも情報発信はできます。

むしろ、あなただからこそ書けることがあるんです。

どうしてこんなことが言えるのか、
今回は説明していこうと思います。

 

 

そもそも情報発信には高度な知識はいらない!!

ブログを書いたり、情報発信でインフルエンサーになるためには、
誰にも負けない知識がないといけないと誤解している人が多すぎます。

今の時代は違うんです。

たしかに、ネットがここまで生活に普及する前は、専門家だけが意見を述べること(情報発信)を許されていました。

それは意見を述べる方法が「テレビに出演する」や「書籍を執筆する」に限られていたからです。

その結果、出演依頼や執筆依頼が届く一流の専門家だけが情報発信できたというわけです。

そのせいで、当時(ネット普及前)は、一流の専門家が、何も知らない初心者からほぼ専門家のような上級者まで、全員を対象に情報発信をしなければならない時代だったのです。

しかし、今は、誰でもブログやTwitterで情報を発信する権利があります。そして、誰でも情報にアクセスできます。

今は、「あなたは、あなたが持つ情報を、あなたより詳しくない人に説明すればよい時代」なのです。

例えば、あなたが新宿駅の近くで、おいしいラーメン屋さんを見つけたとします。
そのラーメンの写真を撮って、写真とともにTwitterに
「新宿駅近くでおいしいラーメン見つけた!」
と、つぶやいたとします。
そのつぶやきに「美味しそう!なんてお店?」
と友人からリプライが来たとします。

こんな経験ありませんか?

これは、あなたの方が友人より知識を持っていて、知識のない友人が、あなたに知識を求めた例です。
あなたは少なくとも「なんてお店?」と聞いてきた友人より、
新宿駅近辺のラーメンに詳しかったわけです。

あなたが教えられる相手って?

「あなたは、あなたが持つ情報を、あなたより詳しくない人に説明すればよい」

ということについて、より詳しく説明します。

ある分野(今の例で言うと「新宿駅近辺のラーメン」)における知識が5段階だったとします。
レベル5が最も知識を持った状態で、一流の専門家です。
レベル5の人は、その分野にかかわる全ての知識を持っており、誰にでも知識を提供することができます。つまり、レベル5の人は、あまり知識を持っていないレベル1の人(初心者)から、レベル4のほぼ専門家(上級者)までの全ての階層の人に知識を提供できるということです。

ネットが普及する前は、このレベル5の人にだけ情報を発信する場であるテレビの出演依頼や書籍を書く依頼が来ていたのです。
そのせいで、レベル5の人だけが情報を発信していたのです。
情報発信者になることができたのです。

今は違います。

あなたは知識レベル3ならば、あなたよりレベルの低いレベル2や1の人に、知識を提供すればいいのです。

あなたの知識レベル2ならば、あなたよりレベルの低いレベル1の人に、知識を提供すればいいのです。

今は、そうしたことがブログやTwitterの登場によって、可能になった時代なのです。

「じゃあ、私はレベル1だから、誰にも教えられない・・・」
そう思った人がいるかもでしれません。

それも違います。

レベル1の人は、全く別の分野の人に教えればよいのです。 つまり、その分野を全く知らない人に教えればよいだけです。

ラーメンの例で言えば「ラーメンを食べたことがないお嬢様」、「新宿駅に来たことがない人」、「新宿駅に来たことはあるが、パスタしか食べたことない人」に情報を提供すればいいのです。
レベル1の人が、他分野の人に教えるということをブログタイトルで例えると「ラーメン初心者が選んだ入店しやすい新宿のラーメン屋5選」といった形になります。

じゃあどんなことを情報発信のテーマにしたらいいの?

あなた自身のことです。

あなたの経験です。

仮に、あなたが高校時代は帰宅部だったとします。大学時代はゆるーい飲みサーに所属していました。特別なことは何もせずに大学生活をおくり、大学を卒業しました。一時期会社で働くも、今は無職だったしましょう。

そんなあなたでも発信できることはあるんですよ。

なぜなら、その人生を歩んだことがあるのは、あなただけだからです。
それなら、その人生を歩んだあなたにしか書けないことがあるんです。

例えば、
「高校時代に帰宅部だった私が放課後にしていた暇つぶし10選」
「ゆるーい飲みサーに入っていた私が、厳選したつまらないコール100連発」
「無職が作る格安レシピ」
「無職がオススメする最高の脱力アプリ5選」
でいいんですよ。

あなたの経験を生かして書いた、あなたならではの視点の文章に価値があるんです。

理由は簡単で、例えば「無職が作る格安レシピ」だったとしたら、読者が無職じゃなかったとしても、節約したいなと思っている人からしたら、
「無職の人が言う格安ってことは、よっぽど節約になるに違いない!」
なんて形で、その情報を欲している人が必ずいるからです。

必ずいるといった理由は、ネットのユーザーの多様性が増しているからです。

あなたが想像できないような様々な個性を持った人がネットで情報を探しているのです。

ネットで情報を検索する人は、放課後の小学生の女の子から、病院で暇を持て余しているおじいさんまで。

もっともっと想像できないような様々な人たちがネットで情報を探しているのが今の時代なんですよ。

あなたの情報を欲している人がいないなんて状況はありえない。

まとめ

今回は、誰にでも情報発信はできるということをご説明しました。

誰にでも発信はできる理由

一流の専門家が、初心者から上級者まで全員に教える時代が終わったから

〇情報発信のテーマはあなた自身のことで良いから

このことを踏まえて、ただブログを読むだけの読者から抜け出して、
あなたの情報を発信してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です